Contact : +33 1 39 70 64 82 - contact@representant-fiscal.com

ヨーロッパ共同体圏外に居住する会社

フランス法は、フランス市場において外国の会社が商業活動を計画した時点から直ちに、税務代理人を指名し信任しなければならないと明記しています。

租税一般法典289条(2010年3月16日付要綱n°2010/24/U.Eに発するリスト以外)の法文参照。

フランスに居を定める納税義務者の税務代行業務を担うAFCは、フランスの税務行政機関に対し外国企業のために申告書類の記入、必要書類の作成及び納税などを代行します。
AFCは、ヨーロッパ共同体圏内における輸出入業者の購入・売却資産取引申告義務(月間統計申告)を担当します。

付加価値税回収手続きにおいて、当局が付加価値税返金を承諾するためには税務法を遵守しなければなりませんが、手順、規則、特例、特殊性、提出するべき正規の証拠書類が存在します。

AFCの業務は、顧客特有のニーズに適合しています。現行の2つの形態以外にも、他のフロー例が存在します。

オプション 1

税務代理

例 1

事業:企業間取引。自動産業/下請け業者
背景:チュニジアの企業がその製品をフランスへ輸入。チュニジアの企業はフランス顧客から直接支払いを受ける。チュニジアの企業のヨーロッパ(及び第三国)サプライヤーには、チュニジアの企業から支払われる。チュニジアの企業の製品在庫は、フランスにおかれる。
解決法:AFC及びチュニジアの企業は、法的義務(税務及び税関)及びチュニジア本社内部管理義務を遵守する手順を設ける。一方、チュニジアの企業は、付加価値税の貸方があれば付加価値税を回収できる。
利用者の声:
「税務と税関について信頼のおけるエキスパートと仕事をしたかった」
「AFCは法規を遵守するためのドキュメント検証作業を行う」
「フランスにおける税務代理で、投資利益率が向上する」

例2

事業:企業・消費者間取引。自然・オーガニック製品の通信販売。
背景:スイスの企業がその製品をフランスに輸入。このスイスの企業のフランス及びヨーロッパ顧客は、スイスの企業に直接支払う。スイスの企業のヨーロッパ(及び第三国)サプライヤーは、このスイスの企業から支払われる。
解決法:AFCは、このスイスの企業にフランスに子会社を持つことなく商業活動を可能にさせる。AFCはまたその業務の一環として、国ごとの請求書作成限度関連義務について検証を行う。
利用者の声:
「AFCは独立し人間味のある事務所」
「絶対に信頼のおける税務代理業者を求めていた」

例3

業務:企業・消費者間取引。インターネットサイトを介した消費財。
背景:アメリカの企業がその製品をフランスに輸入。このアメリカの企業のフランス顧客は、アメリカのインターネットサイトに直接支払う。このアメリカの企業のフランスサプライヤーには、このアメリカの企業から直接支払われる。
解決法:AFC及びアメリカの企業は、法的義務を遵守するための手順を設定する。AFC及びフランス物流会社との技術提携により、アメリカの企業はその事業に集中でき、フランスにある基地からその製品を販売できる。
利用者の声:
「真のノウハウを備えたチーム」
「この事務所は信頼のおける税務代理を担うことから、当社商業活動の一環においてはフランス子会社をつくる必要がない」

オプション 2

税務代理

例4

業務:企業間取引。建物・公共事業銀行のための土木作業。
背景:スイスの企業がフランスに資材及び業務を販売。このスイスの企業のフランス顧客はAFCの専用口座に直接支払う。このスイスの企業のフランスサプライヤーには、スイスの企業から直接支払われる。フランスの銀行口座管理はAFCが行うが、資金の所有者はスイスの企業である。
解決法:AFCは、このスイスの企業のために、第三者名義銀行口座を設定する。このオプションは、税務代理活動の補足である。
利用者の声 :
「毎月、ヨーロッパ業務申告(DES) を行ってくれる」
「当社は株式上場しており、AFC が管理するフローの有効性を内部監査が毎月認めている」

オプション 3

税務代理

例5

業務:企業間取引。工業部品。
背景:アメリカの企業が、資材及びサービス業務をフランスに販売する。AFCは、アメリカの企業のために請求書を発行する。このアメリカの企業のフランスサプライヤーには、AFCから直接支払われる。
解決法:AFCは、この企業用に第三者名義銀行口座を設置する。この口座には、フランスのインターネットサイト及びフランスの大銀行の支払いプラットホームへの支払いによって直接入金される。
利用者の声 :
「当社の場合フランスに子会社がなく、法人税がかからない」
「当社はフランスの顧客が極めて少なく、信頼のおける税務代理業務は、当社の職務に特に適している」

オプション 4

税務代理

例6

業務:企業間取引
背景:オーストラリアの企業が、フランスに工業資材を販売する。このオーストラリアの企業のフランス顧客は、フランスの銀行口座に直接支払う。フランスの銀行口座管理はAFCが行うが、資金の所有者はこのオーストラリアの企業である。このオーストラリアの企業のフランスサプライヤーには、専用の第三者名義口座によってAFCから直接支払われる。
解決法:AFCは、この企業のために第三者名義口座を設ける。そこに顧客の支払い金が直接入金される。
 利用者の声 :
「AFCが設定した手順により、当社本来の業務に集中できる」
「税務代理としてAFCを選んだのは、フランス税務の特殊性の見地から当然であった」

例7

業務:企業・消費者間取引
背景:日本の企業が、フランスで消費財販売を行う。この日本の企業のフランス顧客は、日本の企業のインターネットサイトを介してフランスの銀行口座に直接支払う。
フランス銀行口座の管理はAFCが行うが、資金の所有者はこの日本の企業である。この日本の企業のフランスサプライヤーには、専用の第三者名義銀行口座にAFCから直接支払われる。
解決法:この企業のためにAFCが第三者名義口座を設ける。そこにフランスのインターネットサイト及びフランス銀行の支払いプラットホームへの支払いによって直接入金される。
利用者の声 :
「回収した税関付加価値税は、当社利益の重要な部分を占める」
「我が国から見て、AFCはフランス及びヨーロッパにおける当社業務に対する税務・税関手続きを促通する」

オプション 5

税務代理

예제: 8

활동: B > B. 농산물 소비재
상황: 세네갈 회사가 프랑스에 소비재를 판매합니다. 세네갈 회사의 프랑스 고객이 직접 대금을 지불합니다. 세네갈 회사의 프랑스 물류회사가 수입통관 부가가치세를 선지급합니다. 세네갈 회사의 프랑스 공급업체가 직접 대금을 수령할 수 있습니다.
솔루션: AFC는 물류회사와 밀접한 제휴관계를 맺고 있습니다. 덕분에 세네갈 회사는 프랑스 물류회사를 통해 '매우 신선한' 상품을 유통시키며 기업활동에 전념할 수 있습니다.
고객 증언:
"AFC는 25년 전부터 운송 및 물류 분야의 주요 회사들과 많은 제휴관계를 맺어왔다."
"우리는 수입통관 부가가치세를 돌려받고 프랑스에 사무소와 직원을 두지 않아 이중으로 절약하고 있다."
"AFC가 상품 교역 신고를 대행한다."

オプション 6

税務代理

例 9

業務:企業間取引。消費財。
背景:アルゼンチンの企業が、フランス及びヨーロッパで消費財を販売する。
このアルゼンチンの企業のフランス及びヨーロッパ顧客は、アルゼンチンの企業のフランスの銀行口座に直接支払う。フランスの銀行口座管理はAFCが行うが、資金の所有者はこのアルゼンチンの企業である。このアルゼンチンの企業のフランス物流会社が、税関付加価値税を前払いする。このアルゼンチンの企業のフランスサプライヤーには、直接支払われる。
解決法:AFCは数年以上この物流会社と密接に提携してきた。このことでアルゼンチンの企業は業務に集中でき、フランスの物流会社から「超新鮮」製品を販売できる。
利用者の声 :
「当社は農産物加工を担っているが、当社の傷みやすい製品にはAFCの迅速な対応が欠かせない」
「フランス市場では、認められた事務所の税務代理によって当社の財務目的が果たされている」


他のフロー例もあります。付加価値税率は、その時点で有効な規制によって変動します。
フランス向け輸出販売 - 使用インコターム:DDP関税込み仕向地持込渡し

ヨーロッパ共同体圏内に居住する輸出入業者

フランスの付加価値税と関係する2010年3月16日付要綱2010/24/U.Eのリストに挙げられたものも含めたヨーロッパ共同体国家の輸出入業者は、税務代理人に依頼する義務がなくなりました。

ヨーロッパ要綱N°2000/65参照ヨーロッパ要綱N°2000/65参照

これら会社はしかし、付加価値税に関してフランス行政機関に対する手続きを軽減するために、専任代行者に委任することができます。
AFCは、この業務も適法処理を遂行します。

リバースチャージ原則

2006年9月1日発効の税務一般法典283条修正
税務一般法典283条法文参照

フランス国外居住の納税義務者が資産納入或いはサービス業務を実行した時、付加価値税はフランスの付加価値税に同一である時、購入者、受取人又は引取り人が納めなければならなりません。

保険契約

ヨーロッパ共同体圏外の保険会社は、税務代理人の援助を求める義務を負っています。

税務一般法典1004a条法文参照

保険に関する租税処理方法は、付加価値税を規制する方法に類似しています。

AFCは、他の租税についてもアドバイスします:プレジャーボート税、持分譲渡税、オンラインゲーム税、不動産譲渡益税、個別消費税など